[無料占い] [無料ゲーム]

最新情報

Loading...

今日のおすすめ

いただきストリート
ファイナルファンタジー サウンド
公式設定資料集
目次

ファイナルファンタジーFINAL FANTASY) は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売されたロールプレイングゲーム作品、およびこれを第1作とするシリーズ作品の総称。

目次

概要

一般的に用いられる略称は"FF"(エフエフ)である。「ファイファン」という略語も存在する。ちょうど並行するようにシリーズが展開してきたこともあって、エニックス(現スクウェア・エニックス)発売のドラゴンクエストシリーズ(DQ、ドラクエ)とよく比較される。

ちなみにファイナルと銘打っていた理由は、それまでの業績が芳しくなく制作者たちの間でもおそらく最後の作品になるであろうということで付けられたためである。しかしその予想に反してヒットし、同社の看板作品となった。 その後はファイナルに「究極」という意味も持たせている。

日本のゲーム市場においては、ドラゴンクエストシリーズと並びきわめて大きな影響力を持つ作品であり、本シリーズの第4作目第7作目第10作目の発売と同時に、それぞれスーパーファミコンプレイステーションプレイステーション2という当時の「次世代ハード」が爆発的に普及した。

シリーズ作品

シリーズ作品の中では共通の世界観として、あらゆる力の源である「クリスタル」を中心とする世界が描かれる事が多い。「クリスタル」にあたる位置に「魔石」(VI)や「マテリア」(VII)等があてられる場合もあるが、その基本的な役割に大きな変更はない。ただ、最近の作品では「クリスタルを中心とした世界」の枠にとらわれず、作品ごとに多彩な世界が描かれる傾向にある。

ドラゴンクエストとは異なりストーリー上の直接的なつながりを持つ作品はXX-2以外には無く、IIIIV間や、IIIV間のように間接的なつながりを暗示するものもあるが、これらにおいても、あくまで古い作品のストーリーは、新しいものの中で伝説、逸話として語られるにとどまっている。

ただし一部の人物名、キーワード、デザインの中には、シリーズ共通のものもあり、シド(人名)、飛空艇、チョコボ、ギル(通貨単位)などは代表的な例である。シドは老人であったりヒゲオヤジだったり、作品ごとに容貌、役回りは異なるものの発明家として登場することが多い。ほか、ほぼ全作品にバハムートと呼ばれる屈強な竜が登場するが、本来竜ではないこの怪獣を、日本で竜のイメージとして新たに定着させたのもこの作品によるところが大きい。

ハード環境の進展に応じて、ATB(アクティブタイムバトル)やアビリティシステムなど、常に新たなシステムを試みている部分もこのシリーズの評価すべき点だが、やはり同シリーズの最大の魅力は、美麗かつ大規模なグラフィック、映画のようなストーリー演出と、徐々に広がる世界のスケールの壮大さにあると言えるだろう。しかし一方で、プレイヤーの自由度が失われているという見方もある。

またIVから現在まで使われているタイトルロゴには、毎作品、物語のテーマとなる絵が配置されている。(後にI〜IIIもリメイク版で発表された)

もっと詳しい説明


まずバトルはこれまでのFFのように平坦なものではありません。 ガンビットを使ったバトルは戦略性、緊張感があり。アクティヴとウエイトに切り替えることが可能のようですが、アクティヴでプレイした時は瞬時の素早い判断が必要になると思われるのでおもしろさはさらに倍増。バトル雰囲気はベイグラントストーリーに似ている印象でした。 ベイグラントでもしパーティが組めたらこうなるのかな、という感じ。 海岸の恐竜、遺跡のリングドラゴン、モンスター動きもリアル!ボスを倒した時の瞬間とかかなりベイグラントっぽいです。 さらにバトルサウンドは圧巻!鳥肌もの。崎元氏のサウンドが12でさらに1ランク磨きがかかっているように思います。そして松野ファンならにやりと来る演出が光る。これまでのFFとはやはり別物。ここまで変わるかという感じです。

CGだという事を意識させないほどリアル!驚きです。実写か?と思わせるようなキャラの動きは感動!ただ戦闘シーンについては、あまりに人間離れ(笑)ストーリーは7を知らないと理解不能かと思います。残念なのは、淡々と話が終わり、余り仲間との絆だとかも伝わりにくいし、正直感動が出来る作品だとは思いませんでした。ストーリー重視で見るといまいちと思う人もいるかもしれませんが、私は映像だけで満足!とても勢いがあり爽快でした。

まず、時間の無い人にはお勧めできないゲームなのは確実です。最低でも週末でいいので3,4時間くらいのまとまった時間は欲しいところ。平日3,4時間確保できて、週末3,4時間×2くらい確保できればかなり楽しめると思います。 操作性は抜群にいいと思う。ただし、ゲームパッド使用すればという前提付き。パッド無しのキーボード+マウスでの操作性は結構微妙。他MMOゲームでマウス+キーボードで慣れてる人には最初少しとまどうかも知れないけど、慣れるともうキーボード+マウスのゲームはやる気起きなくなりますw

ファイナルファンタジー[は1999年2月11日に発売され今でも名作との呼び声が高いFF[。 物語は全体的に見ると、ラブストーリーです。主人公はスコール・レオンハート。そして、ヒロインはリノア・ハーティリー。このふたりが出会いストーリーが進むにつれて互いにひかれあうようになります。他にも魅力的で楽しいキャラばかりです。 FF[はジャンクション・システムを採用していますが、私的にはあまり好きになれません。でもストーリーは非常にいいと思います。この作品は、ぜひリメイクしてほしい作品のひとつです。 おすすめ!

発売してから、すでに何年も月日が流れていますが、今でもこの作品は最高の出来だと思います。サウンド・戦闘・ストーリーこれらの内容はFFの中で、一番の出来だと断言できます。ただ、今までFFをプレイしてきた人にとっては、あまり好かれていないようですが、FFが初めての方にはお勧めです。

国際版となって帰ってきたFFX。声と名前が英語で収録されてはいますが、セリフ表記は日本語のままです。未知のボス戦が増え、スフィア盤のキャラクターの開始地点が一箇所という国際版スフィア盤も楽しめます。一方で国内版で不評だった武器の手動並び替えが自動でできるようにもなり、その中身は国際版というよりも「完全版」と言えるものでしょう。 また、付録DVDでは、国際版声優のインタビューや、RIKKIさんが歌う主題歌「素敵だね」プロモーションビデオが収録されています。

日本最高峰のRPG「ファイナルファンタジー」の1,2作目をリメイクしたものをプレミアムパッケージに入れ、さらに天野喜孝氏のピクチャーレーベル、特製ディスクパッケージ、さらに赤・黒魔導士と戦士の3体のフィギュアが同封された品。 FFT、Uのリメイクレベルは非常に高くいずれもグラフィック、音質共にSFC後期のFFのレベル同等、もしくは越えたクオリティに仕上がっています。

FF7、という一つの独立した世界を作り出しているものの一つであるとおもう曲集。何度でも、ふと思い出せるリズムの曲が多く入っています。この音楽はこの本作品を支えている部分が多くあると思います。 私的に特に気に入ってるのは「プレリュード」「エアリスのテーマ」です。 プレリュードはこの作品のほかにも色々なアレンジで各シリーズに使われていますがクリアした後にプレリュードを聴いて、この物語の中で出てる悲愴、命の動きを感じられました。

キャラクターの豪華さもそうですが、音楽がもう、最高です。 DQ,FFの名曲といわれる曲はほぼ全て網羅され、すべてオーケストラアレンジされています。 DQは最初からオーケストラ風なので、音質のよさに感動。 FFはロック調の戦闘曲などもしっかりオーケストラアレンジがなされていて、音楽だけでもお腹一杯です! FF5や9の戦闘曲とか、もう…!くっそう!最高だぁ もう、サントラは(出るなら)確実に買いです。 ということで、曲を聴くだけでもファンとしては満足の行く出来だと思われますので、是非やってみてください。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク